FC2ブログ

魚だって大空を飛びたい !

Moi, un poisson. mais,je voudrais voler dans le ciel !

Top Page › 仏語学習 › オモロイ授業・私は来世では優等生になるはずだ
2019-05-06 (Mon) 17:35

オモロイ授業・私は来世では優等生になるはずだ

純粋な日本語耳を持つ私です。(そんな耳はありませんが)
つまり、日本語らしき言葉だけしか聞き取れない耳を持っているのです。

この画像は une moto volante (空飛ぶバイク)です。

f190427-d01 

先生は
「Je ne sais pas , si ce n'est pas un prototype. ce n'est pas homologué.」
   「試作品かどうか知らないけれど、オモロゲではない」  
  と言いました。
私はまず、プロトティップってなんだろうと分からなかったのです。
 で、ウチに帰って四苦八苦して辞書を調べたのでした。
綴りprptotipeでは出てきませんでした。yが入るのだ、クソ!

次に、私の日本語耳は、「オモロげ」強烈に反応しました。
先生は、その上に「オモロガシヨン」と言ってるではありませんか!
「どんな綴を書くの?」私はワクワクしてしまいました。
だって、面白げな言葉ではありませんか。

意味は homologué(オモロゲ)  (認可する、公認する) 
     homologation(オモロガシヨン)   (認可)

先生は、こいつまたかという顔をして
「Ce pas du français ,c'est du japonais !」
それはフランス語じゃない、日本語だ
と言った後・・・「オモロ…ホンマや」と一言。

そして二つの幸せ(heureux)ってなによ??? と思ったのは 
Il y a deux roues. (車輪が二つある)でした。

このバイクは、今は高くて買えないけれど、いずれ大衆化するでしょう。
Ça va se démocratiser.
それはすぐに大衆化するだろう)

デモクラシーというのは政治用語で使うものだとばかり思っていました。
 se démocratiser で 大衆的になる
démocratisation (民主化・大衆化)
démocratie (民主主義)とは、政治が大衆化したちゅうことなんですね。

書いてあるのは
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「わがチームとともに、我々は世界でただ一つだけの何かを製造した」
初めての電気乗り物の創作者は飛ぶバイクの形が変わることを認可された。
ルドビック・ラザレッシュは彼の会社が開発することとフランスにあることを望む。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

rester (残る)という言葉が使われるのは、今まで、フランスで開発したいろんな物が外国に権利を買われて持って行かれてしまったという過去の歴史があるから、例えば、ロボットののペッパーくんはフランスの会社が開発したが、ソフトバンクに買収されてしまった。
というような事を話されていたと思います。
間違ってたらごめんなさい。
ペッパー君です。

f190427-d06 

そして、皆の話の最後にリョウの番になりました。
彼は、この日最初に教室に入った生徒なのです。
普通来た人順に話を進めるのですが・・・
先生は言いました。
Vous êtes premier , ce n'est pas juste.
 君が始めの人だったのに、それは公正ではない。

そして、聖書には、こんな言葉があると話してくれました。

f190427-d02 

 こうして、最後の者が先になり、最初のものが後になるのだ。
                (マタイ伝)
 Plusieurs des premiers seront les derniers, et plusieurs des derniers seront les premiers.
多くの先の者は後になり、後の者は先になる

と書いてあるものもあるので、どっちが先でもいいようなものだと思うのですが・・

先生の説明を聞いて
「ああそうか、貧しき者は幸いなりって事ね」とすぐに分かる人がいます。
羨ましいな〜。
私は、家に帰って説明を聞き直し、あれこれ調べて、やっと今理解ができたのでした。

この des premiers(最初の人たち)というのは、この世で上の方にいる人々
富裕層とかエリートさんたちのことを指すと思われます。
それに対して des derniers(後ろの人達)= 貧困層ちゅうことなのでしょう。

f190427-d03 

私は、この世の中でもかなり後ろの人々に該当すると思っているのですが、このクラスでは
もちろん une dernière (どん尻)でございます。

では、この聖書の流れによると、私は天国に行けば優等生になるはずですよね。

ああ、でも残念。私はキリスト教徒ではないのでありました。
この際、どん尻から一番になるのなら改宗しようかしら?

でも、そういう我欲で寄ってくる人は、天国の門で、きっと蹴落とされるのだと思います。
ひょっとしてパスしたらビックリですね。

こればかりは死んでみないと分かりません。

まだそこまで冒険をする気がないので、シコシコとこの世で、もうちょっと頑張ってみます。



最終更新日 : 2019-05-06

Comment







管理者にだけ表示を許可