FC2ブログ
2018/02/27

バケットが世界文化遺産に?

フランス革命の時、民衆を率いる女神が手に持っていたのがバケットではなかったのか?

Elle avait eu une baguette à ses mains ,n'est ce pas ?
彼女はその手にバケットを持っていましたよね?

と、私は、つい思ってしまったのですが・・・
このbaguette は食べるバケットではなくて旗の取っ手の棒(baguette ) なのでした。


180217-a05

17日の2時限目の授業です。
先生は、パソコンに準備していたビデオが見つからなくて、ちょっと焦ったのでした。
「おかず」って言ってましたけれど、 au cas où (おかず)って何だっけ?
と私は、また思ってしまったのです。

J'ai préparé un autre document , c'est une roue de secours.
J'ai une video de secoures, au cas où .

「僕は他の書類を用意してるよ。スペアーホイールだ。念のため、予備のビデオを持ってるんです。」

au cas où  = 念のため  と覚えましょう。

何度も聞いているのに、まだ、覚えられず、「付け足し、おまけ」の意味と受け取ってしまう私でした。

本題に戻って  
フランスと言えばフランスパン。そして中でも代表的なパン、バケット。
ずっとずっと昔からあるものだと思っていましたが、実は100年ほど前から作り始められたのでした。
そんなバケットが、もうすぐユネスコの無形文化遺産になるのかな?
という話題を、皆で勉強しました。

内容のビデオは下記をクリックすると見ることが出来ます。

on a paleré de la baguette


180217-ab2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

La baguette bientôt à l’Unesco ?
バケットがもうすぐユネスコに?

Voix off 
(陰の声)

Moelleuse, parfois croquante, dorée à souhait. Entre elle et les Français, c'est une histoire d'amour qui dure depuis presque cent ans.
La baguette va-t-elle rejoindre la pizza au patrimoine mondial de l'Unesco ?

願わくばふわふわで、時にはパリパリで金色に・・・バケットとフランス人、それは、約100年前からの愛の歴史だ。
バケットピザに次いでユネスコ世界遺産になるだろうか?


( 注  ピザは2017年12月にユネスコ世界遺産に認定された 「ナポリのピザ作り、ユネスコの世界遺産に」 )

Cliente interviewée 
(インタビューされた女性客 )
Je pense que c’est une bonne chose,(?1) c’est toujours un plus ! Ne serait-ce que, bon, c’est reconnaître le travail des boulangers.

それは良いことだと思いますわ。       それはパン屋さんの仕事を認めることですわね。 

Client interviewé
( インタビューされた男性客)
Mon fils qui est en train de manger, je sais que si je remonte avec la baguette, il en voudra un morceau. Donc ça fait partie de notre patrimoine. Enfin moi, de mon enfance, de son enfance.

「うちの息子は食ってる最中さ、私がバケットを持って帰ると、彼は一切れほしがるんだ。だから、こいつは我々の(文化)遺産の一部だよ。結局、子孫代々までのね。」 (← 自分、自分の子供、その孫達)

( 注 この男性は現在パン屋にいて、まだ家に戻っていないので、この言い方は解せないが、会話なので、きっちり文法的に成立して無くても意味は伝わるのだろう。)

Petit garçon interviewé
インタビューされた少年
Chaque pays pourrait faire entrer quelque chose de sa culture dans l’Unesco donc je ne vois pas où est l’inconvénient pour la baguette. D’ailleurs, c’est vrai que c’est bien bon et que c’est un peu une spécialité, en France.

各国がユネスコに、その国の文化の何かを持ち込むことが出来るはずです。だから、僕は、バケットのどこに不都合があるのか分かりません。それに、それはとても良いことだし、フランスのちょっとした名物料理ですからね。
( 注: c’est bien bon  という言い方は普通使わないが、シャモニーなどでは使われいるそうです。)

Voix off
陰の声
Une spécialité bien française, la baguette telle que nous la connaissons est imaginée dès les années 1920. Les gros pains de campagne n'ont plus la cote. Place à une production plus moderne : moins de temps de pétrissage, de levage et de cuisson, et donc un moindre prix.

フランスの素晴らしい名物、私達が知っているようなバケットは1920年代から考えつかれた。カンパーニュの大きなパンは、もう人気がありません。より現代的な製品とするため、こね、発酵させて膨らし、調理の時間を減らしすことで、安い値段に設定してある。
(注: 1920年以前のパンは、カンパーニュと呼ばれる丸くて大きいパンで、固いパンで、日持ちがしたそうです)

こんな感じかな?
180217-ab3

Elle séduit les artistes, comme ici Salvador Dali, qui porte la plus grande baguette de l'époque : douze mètres. Les hommes politiques aussi l'abordent comme un symbole de l'identité nationale, à gauche, comme à droite. Cet artisan boulanger en vend des centaines chaque jour. La baguette fait sa fierté.

バケットはサルバドール・ダリのような芸術家達を魅了する。彼は12メートル、その時代での最も大きなバケットを抱えている。
政治家達も同じで、左派も右派も、民族のアイデンティティのシンボルとしてバケットをもてはやす。このパン職人は毎日何百本もこれを売っている。バケットは彼の自慢だ。


Sahad Zerzour, boulangerie « Mozart »
サハード・ゼルゾール、パン屋《モーツアルト》
Il faut participer au rayonnement de la France et à la gastronomie française puisque ça va s’inscrire comme un élément(?2)  à part entière de la gastronomie française.
フランスの威光そしてフランスの美食に参加しなくてはいけない。もちろん、それ(=バケット)はフランスの美食にとって不可欠な要素だろうからだ。

私は威光と約してみましたが、栄光でもいいかもしれません。
180217-a07
たかがバケットで、ここっまで言うかと思ってしまいますが、普通には、こんな言い方はしないそうです。

Voix off
陰の声
Mais au fait, qu’est-ce qui fait au (?3) juste une bonne baguette ?
ちなみに、美味しいバケットとは何ですか?

Sahad Zerzour, boulangerie « Mozart »
サハード・ゼルゾール、パン屋《モーツアルト》
Là, par exemple, vous avez une très belle « tradition ». Vous voyez ? Elle est dorée et elle est belle, elle est agréable à regarder, même quand on la touche, le bruit qu’elle fait quand on la tapote, etc. Là, elle est vraiment extra !
ほれ、例えば、あなた方はとても美しい《伝統》を持っていますね。おわかりでしょう?(←バケットの事を言っている)バケットは金色で美しくて、見て心地よく、また、それを触ったとき、たたいたときの音、etc 、バケットは本当に最高ですよ。
( 注、ビデオではお客さんの目の前でバケットに触りまくってたたいているが、衛生面でどうだろうと思ってしまった)
Journaliste
記者
Elle peut entrer au patrimoine de l’Unesco cette baguette ?
このバケット、ユネスコの遺産に入れるでしょうか?

Sahad Zerzour, boulangerie « Mozart »
サハード・ゼルゾール、パン屋《モーツアルト》
Celle-ci ? Sûr et certain, elle pourra !
これ?間違いなく、バケットは出来るでしょう!

Voix off
陰の声
La demande devrait être déposée prochainement par la Confédération nationale de la boulangerie-pâtisserie française. De quoi ravir les 12 millions d'amateurs journaliers de baguettes pas trop cuites.

この申請書は、まもなくフランスパン屋ケーキ屋連合により提出されるだろう。
もしそうなれば、焼きすぎないバケットを日々愛してやまない1200万人の喜びとなるでしょう。


何で1200万人なのだ? フランスの人口は約6200万人で、昔ながらのパンが好きな人もいるから
baguettes pas trop cuites は柔らかめの焼きの弱いバケットで、それぞれの好みによる。先生のお母さんは良き焼けたバケットがすきだとのこと。
最後の《焼きすぎないバケット》という表現は、冗談で言ってるだけで、特に意味は無いようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
語彙
moelleux, moelleuse  ふかふかした  croquant、 croquante ぱりぱりした  doré dorée 金色の
rejoindre 追いつく   reconnaître  認める  
inconvénient  不都合、支障、難点   spécialité 専門、名物料理、特産品
avoir la cote 人気がある  pétrissage パン生地などを)こねること   levage  発酵させて膨らす、
moindre より少ない 
moindre は一般的に価格・質・程度などを表す抽象名詞とともに用い、具体的な大きさの比較には plus petit を用いる。
séduier ~を魅了する  
aborder (仕事・活動など)に取り組む、手を付ける
artisan 職人  rayonnement 放射線 威光   rayonnement de la France  フランスの威光
gastronomie 美食、食道楽  élément  要素、
à part entière  100%の部分=不可欠としてみましたが?
extra 極上の、とびきりの、最高の
demande 申請 déposer 提出する déposer une demande =申請する prochainement 近いうちに、まもなく
confédération (団体などの)連盟、同盟、連合
De quoi =si on fait ça もし、そうしたならば amateurs 愛好家、journalier、毎日の

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春休みに入りました。
17日の授業の対訳をやっとすることが出来ました。
間違いがあれば、また教えてください。
とりわけ ?1 を宜しくお願いします。
2018/02/23

ドイツと日本の働き方改革に対する意識違い


17日の授業の前半です。
先週話題になった、「オリンピックの卵」をビデオで見ました。 
ノルウェーのオリンピック村で食材にする卵の数を、自動翻訳機を使ってノルウェーから韓国に注文したそうです。
1500個注文のつもりが15,000個で到着し、ニュースで話題になりました。
幸いなことに、この問題は、業者が理解してくれて返品され無事解決したそうです。
笑うしかないという感じのシェフ達でした。

この週、日本でも、これについてはニュースで流れていました。

「私は、三人のシェフが卵のケースの上に座っている画面を見ました。」と言いたいのですが
それが言えない私でした・・・ (#^.^#)
「関係代名詞、関係代名詞!」 と言って、先生が繋いでくれました。

On a vu une photo il y avait 3 chefs qui étaient assis sur les boites d' œufs.

qui でも que でもなく où なのでした。
「 うっ、そうだったのか!」と思った私でした。

この日は、日本人の働き方が大変すぎるという話から発展して、この日のちょっと前にやっていたドイツのストライキの話題となりました。
なんと、週28時間労にせよ!と要求してストライキをしたそうです。

la sidérurgie (鉄鋼業)の労働組合だそうです。
ドイツの鉄鋼業労組は、すごく強いんですって。

家に帰って、記事を見つけました。(クリックしたらfrance24の記事が読めます)

Allemagne : patronat et syndicats de la métallurgie s'accordent sur la semaine de 28 heures
   
  ドイツ:雇用者と金属組合が28時間週に同意

180217-a02

ドイツも、フランスも、現在は週35時間労働が普通です。
聞き始めた時は、全部の労働者が、週28時間労働になるのかなあと思ったのですが違いました。

が、そうではなくて、希望者が申請したら、2年をリミットに週28時間を選択できる。
サラリーも、時間と比例して下がる。
日本には介護休暇制度がありますっが、介護時短のようなものかなと思ったのでした。
私の聞き取り能力では、正確さに欠けますが、正規雇用で2年を限度に時短を申請できるということみたいです。

今日本では、働き方改革をと言う名目で、安倍政権は新法案を無理押ししています。
が、あれは、どう見ても、労働条件改悪に持って行こうとしているとしか思えません。
今は、一部の専門職や、年収1800万円以上が対象と言っていますが、将来的に一般労働者にも波及していくのは目に見えています。
若者こそ、危機感を持って、国会審議に目をこらし、抗議して欲しいのです。
ドイツの労働組合はすごいです。
日本の労働組合も、このくらい頑張って、国会審議をぶっ飛ばす力を持ってほしいと思ったのでした。

次に、こんな話題もありました。

180217-a03b

自撮りは、メンタルな病気かナルシシズムか?
想像しうるあらゆるポジションで自分の写真を携帯電話で撮らなきゃという強迫観念は、二人の研究者によって、精神障害のようだとみなされた。


ふ~む。自撮り棒ならぬ自撮り病ですか!
私などは、自分の写真は極力撮りたくないのです。あまりのおぞましさにビックリで・・・・
ああ、ナルシストになれたらなあ~。

この写真なんだかわかりますか?
映画スターウォーズの新しいバージョンで登場する、ロボットにインタビューをしているのだろうと私は思ったのです。
だって、マイクを差し出してるではありませんか?

180217-a04

どう見たって、マイクだよねえ~。
そう言うと、一番若い二人から、猛烈な抗議がわき起こりました。
「違う~!!」と・・・そして、熱烈にスターウォーズについて話し出しました。
「いやあ~  ジェネレーションギャップを感じるなあ」と、私はしみじみ思ったのでした。

La fossé de géneration
 ジェネレーションギャップ

グーグルで日本語に直すと、世代間格差と出ました。
違いがあって当然ですよね。
30年40年も年が離れていて、同じ感覚ですと言われたら、その方が恐いです。

いろいろな世代が混じり合って、触発される、我がクラスは宝物だと思ったのでした。

でも、スターウォーズも、一度見ておかなくてはと思う私なのでありました。





2018/02/13

人間不信になってはいけないが・・・

6日の午後の写真です。
洗濯物を取り入れようとベランダに出たら、いつもはかすんで見えない伊吹山が真っ白な姿を見せてくれました。
冬空を舞う鳶も・・・

180206-1626

11日の昼頃。
下界は快晴ですが、山頂は吹雪いているようでした。
この雲は、雪をはらんで吹き付けているようです。

180211_1234

寒い日々ですが、私の住んでいる場所は、今年は意外と雪が少なくて助かっています。
でも、野菜の値は上がる一方で、JAで白菜の値段を見たら、地元産白菜が、なんと1個、680円でした。

JAでこの値段なら、大都市では、千円を超すのも無理からぬ・・・
そこで、白菜泥棒が走り回るのか?
苦労して育てた作物を持って行かれる生産者の気持ちを思うとなんとも言えません。
人間不信に陥りそうな事だらけです。

日曜日の夕方、一本の電話が掛かってきました。
0120 の番号なので、取らずにおこうと思ったのですが、鳴り止まないので、つい出てしまいました。
すごくプロフェッショナルな美声で、会社名を言いました。
覚えてないけれど、何とか調査会社といった感じです。

成人男性の意識調査をしてるので、
「15歳以上の男性がいたら、電話に出してください。」
と言うのです。

「はあ~?」 なんで15歳以上なの?

お墓、フレッツ光、保険・・・
今まで、いろいろな勧誘電話が今までにありましたが、これは新手ですね。

「 この電話番号を、どのようにしてお知りになられましたか?」と私が訊ねると
「アトランダムにかけさせてもらっています」とまあ、定番の答えです。

「こんな時代ですので、個人情報に関する類いのことにはお返事しかねます。」

で、ガチャンと電話を切りました。

あとでつくづく考えてみて、これは、オレオレ詐欺のリサーチではないかと思ったのです。

女性一人暮らしの家なら、男の人をと言われると、ちょっと安心して
 「うちには、(男性は)おりませんので、せっかくですが・・・」
とか丁寧に答えてしまいそうではありませんか?

今の時代、電話番号で、対象の家の地域情報はある程度つかめます。
その上、返事次第では、あれこれ話しかけられて、どんな家族構成で、場所がどこか分かってしまいます。
会話の内容次第で、これは引っかかりやすいと感じたら、複数で《振り込め詐欺》をやり出しかねません。

まず、「お母ちゃん、えらいことになった・・・!」と電話が掛かってくる。
そこで返事を返したら、その後で、
「警察ですが・・・」とか 「弁護士事務所ですが・・・」
とか、次々掛かってきて、詐欺に巻き込まれていくのでは、と思ったのです。

こんなことを、とっさに思う 《お一人様老婆》 って根性悪いかしら?

 きっと、その会社のリストに、我が電話番号は くそ婆 と記されるだろうなあ~と思ったのであります。

番号は 0120-790-207 から掛かっておりました。

念のため、不審電話で検索してみました。
それまで1件もアクセスがなかった電話が、1月27日からアクセスが始まり、2月6日がピークでした。
それも200件ちょっとでした。
アクセスが、この電話番号に対する問い合わせのアクセスなのか、この電話番号へのアクセスなのか、知りません。
が、ピークは過ぎたようです。

まあ、そこまで調べる私も、暇人と言えば暇人なのです。
遊ばせてくれて有り難うって、お礼を言わなければいけないのかも・・・

それより、前回書いたブログですが、「訳が間違ってるよ」とのことでした。
訂正して、お詫びをしなければいけないのですが、ちょっと待ってくださいね。
もう一度、勉強し直さなくてはいけません。

でも、もうすぐ猫が出かけるので温和しくしていようと思っているネズミです。

180210-a9

Le chat parti ,les souris dansent !

J'attend le temps où il partira .

2018/02/08

これをプレゼントって?・・・ありがた迷惑な話

2月3日の2時限目は、2つの画像を見て、考えると言うものでした。

下の画像は、アメリカの彫刻家、ジェフ・コーンの作品です。
これはオランダからスペインに贈られた作品だとのことです。

180203-a03

それは良しとして、
2015年と2016年にパリで起きたテロの後、フランス・アメリカ間の友好の印として、自分の作品を寄贈したい。
と、このジェフ・コーン氏から申し出があったそうです。

その作品というのがこれです。

180203-a04

では問題提起のプリントです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Les tulipes de Jeff Koons
 ジェフ・コーンのチューリップ

La mairie de Paris a créé deux groupes de réflexion pour étudier la situations suivante.
パリ市役所は、次の状況を検討するために、二つの検討会を作った。

Le célèbre sculpteur américain Jeff Koons voudrait offrir à la ville de Paris une sculpture (hauteur : 10 mètres environ)
comme geste d'amitié entre le peuple américain et le peuple français après les attentats de 2015 et 2016.  cf photo

アメリカの有名な彫刻家、ジェフ・コーン氏は、2015から2016のテロの後、フランスとアメリカ民衆の友好の印として、彫像(高さ約10m)をパリ市に寄贈したいと願っている。(写真 参照 ) 
       cf はラテン語 confer の略で参照の意味

● Vous devez peser le pour et le contre, pour réfléchir entre autre aux coûts et au problème de l'emplacement.
   Vous devez aussi réfléchir aux questions à poser à l'artiste avant de prendre une décision.
  
  あなた方は賛成か反対か検討しなさい。とりわけ、費用と、その置き場所の問題について。
  あなたがたはまた、決定を下す前にそのアーティストにする質問をよく考えてください。


● Présentez vos arguments avec ordre :
  Tout d'abord, ensuite... En ce qui concerne, concernant, quant à …
 
   順序立てて自分の論拠を述べなさい  
   まず始めに、 それに関しては、 〃、 ~に関しては 

    en ce qui concerne, concernant, quant à は三つとも同じ意味で使われる表現です

● Concernant des questions, elles doivent être indirectes.
  Nous voudrions savoir si ...
  
 質問に関しては、遠回しであること 
 もし~なら、私たちは知りたいのですが・・・・

  
 条件法を使って答えを言いなさいと先生は言いたいのです。


※ 語彙 ※
réflexion 熟考、意見、見解、  geste d'amitié 有効のジェスチャー=有効の印、  peser 計る=比較検討する
entre autre とりわけ、emplacement  場所、 décision 決定、 argument 論拠、論証、あら筋、

quant à … は以前に習っていました。私は、ブログに書いた記憶があります。
記憶はあるが、内容は忘れてしまっていたのです。なんと進歩のない私でしょう。
それは、2013年1月でした。 もう5年前になるのでありました。

貫太と梅干し? 180208-p1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「私に出来る問題ではない。」
私は、早々にあきらめ、ペアを組んだフミに思考も回答も任せることにしました。
だって、フリーズした頭が解凍できなかったんですもの。
思ったのは
Ce n'est pas mon goût. Ça ne vas pas bien à Paris.
これ、私の趣味と違うわ!パリに合わへんで !

という事だけでした。条件法の欠片も出てきませんでした。

でも他の人たちは、まるで、パリの公務員のごとく、丁寧に婉曲に表現したのでした。

で、この問題の結末はどうなったかというと・・・・

「帰りの電車の中で読んでおきなさい。」と言われたのが下記の文章です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Le projet d'installation, devant le palais de Tokyo à Paris, d'une sculpture représentant des tulipes, offerte par l'artiste Jeff Koons, provoque une très vive polémique.

パリのパレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)前に、アーティスト、ジェフ・コーンから寄贈されるチューリップを表す彫刻の設置計画が、猛烈な論争を引き起こしている

Le projet de l'artiste américain d'installer un bouquet de tulipes géant devant le Palais de Tokyo, à Paris, suscite une vive polémique.
パリのパレ・ド・トーキョー前に、巨大なチューリップの花束を設置するという、アメリカ人アーティストの計画は、活発な論争を引き起こしている。

L'artiste américain de 63 ans avait fait part, le 21 novembre 2016, de son intention d'offrir cette sculpture à la Ville de Paris, comme "un geste d'amitié entre le peuple américain et le peuple français" après les attentats de 2015 et 2016.

63歳のアメリカ人アーティストは、2015、2016年のテロの後、フランス民衆とアメリカ民衆の友好の印として、パリ市に、この彫像を贈る意向を、2016年11月21日に表明した。

D'une dizaine de mètres de haut, en bronze, acier et aluminium, la statue représente une main tenant des tulipes multicolores.

ブロンズ、鋼鉄、アルミニウムで出来ている高さ10mあまりのこの彫像は、色とりどりのチューリップをつかんだ一つの手を表している。

Elle serait «en cours de réalisation dans une usine allemande».
それは《 ドイツの工場で出来上がりつつある 》 様だ。

"Contraire à l'esprit de l'architecture"
《 建築様式の精神に反する 》
  建物に対してふさわしくないという意味か?

Plus d'un an après, le "cadeau" de Jeff Koons est pourtant loin de faire l'unanimité.
一年以上経ったにもかかわらず、ジェフ・コーンのこの《プレゼント》は満場一致からほど遠かった。

La semaine dernière, des personnalités comme le réalisateur Olivier Assayas et l'ancien ministre de la Culture Frédéric Mitterrand tiraient à boulets rouges sur le projet, qualifié de "choquant", dans une tribune publiée dans Libération.

先週、映画監督のオリビエ・アサヤス、以前の文化大臣フレデリック・ミッテランなどの名士達が、リベラシオンの発刊された論壇の中で、《けしからぬ》犯罪的な、その計画に待ったをかけた。

   赤い砲弾を発射した=ストップと待ったをかけた

Les critiques ne portent pas seulement sur l'emplacement, mais aussi sur l'esthétique de l'œuvre et son coût, comme sur les circonstances de son installation annoncée, et sur la personnalité de l'artiste.

非難は置き場所だけに留まらず、その価格と作品の美的センス、発表された設置状況やそのアーティストの人格などにまで及んだ。

"Qui va payer ?".
Lors de l'annonce, la mairie avait indiqué que la réalisation de l'œuvre, dont le coût est évalué à trois millions d'euros, serait financée par le mécénat privé.

「誰が払うのか?」
 その発表の時に、パリ市当局は、300万ユーロとコストが算定されるその作品の実現化は、私的なメセナによって払われるだろう告げていた。


D'après France 24 et AFP
 フランス24とAPAから引用

※ 語彙 ※
susciter ~を引き起こす、 polémique(f) 論争、論戦、 fait part= faire partir  出す(faire partir un paquet小包を出す)
intention (f) 意図、 acier 鋼鉄、multicolores マルチカラー=色とりどり、architecture 建築、建築様式、
unanimité 満場一致、 personnalité 重要人物、名士、 tirer 発射する、射る、 boulet 砲弾、鉄丸、
qualifié   法的用語で [軽罪が](例外的に)重大とされる
choquant 不快な、気に障る、けしからぬ  tribune 論壇、討論会  publier 出版する、発行する 
critique 非難  esthétique 美的な circonstance 状況、事態 , indiquer 示す、告げる、  évaluer 見積もる、算定する
financer 金を出す、支出する、 mécénat メセナ 、企業が主として資金を提供して、文化・芸術活動を支援すること

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あのチューリップはどこに行ってしまったのだろうか?

授業の後で、先生は私に言いました。
「君は翻訳するのが好きなの?」
(前の週のテキストを半分だけ訳して、分からないところを訊ねたからです)

ちゃうわい (`o´) 他の生徒のように黙読だけで分かったら翻訳なんかしませんよ。

Je ne comprend pas chaques textes ,donc je dois traduire tous les phrases.
Parce que je suis un âne.


180208-p2

 
2018/02/07

2月3日授業の前半 「世界も見守る、日本の報道姿勢」 

2月3日の授業です。
月食の話題が出ました。1月31日の夜に皆既月食が見られたのですね。

 une éclipse de lunne  月食

180203-a09

 éclipse totale de lunne  皆既月食 と écliose partielle de lune 部分月食

怪奇月食と言う文字を思い浮かべる私は、ちょっと変な人なのでしょうか?
だって、ちょっと月の色が不気味に変わるではありませんか?

先生が問いかけました。
Vous savez pourquoi la lune disparaît ?
なぜ月が消えるのか知ってますか?

「ありゃ何でだろう?」と私は一瞬、はてな?状態になりました。

日食は、太陽と地球の間に月が通るので、お日さまが隠れてしまう。それは分かる。
でも、月と地球の間に太陽が通ったら、まぶしいやん!・・・と (アホか!)

180203-a10

他の人が、細かく説明をしてくれていました。
地球の影に月が入ってしまう状態を月食というのだそうです。
でも、じゃあ、月食でない他の日には月はどこにいるのでしょうね。
地球の影にかからない場所を通って遊んでいるのでしょうか?

物理、科学が、本当に苦手な私だと、今更ながら気がつきました。

Je ne suis pas bonne en ça !
 私は、こんなの苦手だわ

話題を変えて
この週は霧が深くて、朝の通勤が大変だったとのことでした。
大きな川沿いでは、霧がわきやすい天候だったのでしょう。
朝家を出て、職場に向かう途中の道を歩いていた時のこと。
Les voitures passaient tout près de moi.
車は私のすぐ横を通って行った。
この表現を、普通に、こんな言い方をするそうです。

ちょっと面白かったので紹介します。
Elles me rasaient.
彼女たち(車は女性名詞なので)は、私を剃っていった

日本語だったら、脇をこすって行ったと言うかもしれません。
まるでひげを剃るかのように、車が肌に寄ってきたら、そりゃ恐いですよね。

この日は、国の呼び方、人名の呼び方が、こんなに違うの!?と私はビックリしたのでした。

今年の大相撲冬場所の優勝力士は栃ノ心でした。
ニュースなどで、《ジョージアの栃ノ心》とアナウンサーが話していたので、彼はアメリカ人だと思っていたのです。
「でも、ちょっと東洋的な顔に感じる。喜びの家族の姿もTVで見たけど、なんかアメリカ人ぽくないなあ~」
後で分かったのですが、ジョージアって、もとグルジアと呼ばれていた、アルメニアの横にある国なのでした。
まったく、アメリカの南にあるジョージア州とは関係が無いのでした。
フランス語発音は ジェオジー
Il est géorgien qui est venu de la Géorgie.
彼はジェオルジー出身のジェオルジー人です。
「気がついて、自分だけで恥ずかしかった。」という話をしたら、ヨシさんのご両親も同じように思ってたと伺い一安心でした。

180203-a07

先生は、多くのフランス人は、アルメニアの隣の Géorgieは知っているけれど、アメリカの Géorgieは知らないだろう。
ああ、世界は広いなあ~と思ったのでした。

そしてスイスに移り。 この人誰だ?
私は思いました。「アントニオ猪木とちゃうの?」

左は、スイスの現代のヒーローで、テニス界のスーパースター、ロジャー・フェデレールだそうです。
右側は、スイス人なら誰でも知っているあの人・・・
頭に乗せたリンゴに矢を当てた、ウイリアム・テル だそうです。

180203-a01.  180203-a02

ウイリアムテルってスイス人だったのです。
ウイリアムテルは英語読みの発音なのでしょうか、ギヨーム・テル と呼ぶのです。
嘘ではないですよ。

180203-a08.

私はギヨーっとしてしまいました。

霧の関連から、話はスモッグに流れ、上海の大気汚染、そして、1月に東シナ海で起きた、石油タンカー事故に触れました。
日本のメデイアでは、ほとんど触れられていません。
船舶事故があったと、数週間前にチラッと耳に入ったような気がしますが、それっきりです。

大変な事故であり、過去最大化もという海洋汚染が、今も進行してるのです。
世界中が注目し、ニュースで取り上げているというのに、なぜか、日本のメデイアは、相撲協会の内紛ばかり騒ぎ立てております。
この記事は、スイスのル・トン紙のネット記事です。タイトルは

シナ海の黒い潮について日本の不可解な沈黙

180203-a05

黒い潮とは、黒潮のことではありません、原油の帯のことなのです。

出典はこちら
https://www.letemps.ch/monde/letrange-silence-japonais-maree-noire-mer-chine

wikipediaにも すでに記事が掲載されています

石油タンカー・サーンチーの衝突事故

その中に
ロイターによると、
当該事故により幅 13キロメートル (7.0 nmi) 長さ 11キロメートル (5.9 nmi) の油膜が海洋表面に形成されており、風に流されて日本の方向に向かっているが、流出物の周りを船で取り囲んでこれ以上広がらないようにする取り組みが既に始まっている。
コンデンセートはきわめて揮発しやすく、また、環境に有害な物質である。
海洋表面の油膜の問題もさることながら、深海に沈没した船体にはコンデンセートに加え、重油も残っている。

==============================================

今、国会で、取り上げないといけない大きな問題であるはずなのですが・・・・

不可解な国会、不可解な日本の報道と感じられてならない、この頃です。

私の、ジョージア間違いなんて、タンカー事故に比べれば、ほんとうに些細なことでした。