FC2ブログ

魚だって大空を飛びたい !

Moi, un poisson. mais,je voudrais voler dans le ciel !

Top Page › Category - シャンソン雑記
2018-10-03 (Wed)

アズナブールが行ってしまった

アズナブールが行ってしまった

日本では、台風24号の後、沖縄知事選での玉城 デニー氏の圧勝に歓喜の声!しかし、その後の安陪第4次内閣のメチャクチャな組閣にブーイング。どちらも日本国民として大事なことで、私の関心も大きかったのです。でも、昨日の朝刊片隅に、シャルル・アズナブールの死去の知らせ。わたしにとっては、それはショックでした。そして、時間が経つほど、その喪失感は深まってきています。彼は、94歳でした。にもかかわらず、精力的...

… 続きを読む

2016-09-26 (Mon)

Michel Fourau et Ses Amies 2 終わる

Michel Fourau et Ses Amies 2 終わる

9月18日、Michel Fourau et Ses Amies 2 ( ミシェル・フローと仲間たち)第2回を、無事終えることが出来ました。報告するまでもないことですが、何しろ記憶が段々と怪しくなるこの頃です。ブログに載せておけば、後で思い出せますので、ご報告だけ載せさせていただきます。前にしたのは、2年前だったかな?なとど言っていたら、前回から、もう4年過ぎ去っておりました。この度は、三月ほど前にやることが急に決まり、前回は、...

… 続きを読む

2012-08-08 (Wed)

最終ライブ有り難うございました

最終ライブ有り難うございました

8月5日、巴里野郎での最終ライブでした。来て頂きました沢山のお客様、本当に有り難うございました。拙い私の歌に、この半年間付き合って下さった皆様にひたすら感謝でございます。「誰でも始めから上手く歌えるわけはなく、歌いながら修行していく場です」とも言って貰いましたが、それでは、アカンやろう、と私の心は申し訳なさに縮んでしまいました。だいたい、こんな気の小さい人間はステージに向かないのですね。私なりの精一...

… 続きを読む

2012-07-09 (Mon)

カエル気分でございます

カエル気分でございます

カエル気分って?梅雨が大好きなカエル君だから?いえいえ、やっと自分の世界に帰ってこられた気分がするからです。先日、一夜のライブを終えることが出来ました。なんといっても、駆けつけて下さった、お友達のお陰です。本当に有り難うございました。今回、私は、すごく悩んでしまいました。私一人のライブではないので、メインの方に失礼があってはならないと・・・フランスじゃないのだから日本語で歌うべきだ、という意見をお聞...

… 続きを読む

jeanvaljean さま * by Kaguya
どんな世界にも、色々な事があるのだ、年老いた子供の私にはビックリの経験でした。
しかし、言葉の響きと意味が、どんなに歌にとって大切であるか、よく分りました。
本来、何語であっても、歌い手が、その意味と歌の心を掴んでいたら、他人に伝わる物だと、私は基本的に思います。
今回は、貴重な勉強をさせていただいたと思います。
これからも、自分が歌いたい歌を大切にしていきたいと思っています。

ご意見有り難うございます。 * by Kaguya
通りすがりの方へ
ご意見その通りです。
これからは、アマチュアとして 自分の世界を作っていこうと反省しております。


marie様有り難うございます * by Kaguya
marie さま、励ましのお言葉有り難うございました。
私はフランス語に惹かれて歌っているので、これからも自分の歌いたい歌を磨いて行けたらと、改めて思いました。

No title * by jeanvaljean
「フランスではないのだから、日本語で歌うべきだ」という意見には賛成できません。日本語で歌うかフランス語で歌うかは、歌う人の表現方法ですから。フランス語でシャンソンを伝えたいという歌手の表現方法を尊重すべきです。フランス語でシャンソンを聴きたい人が、聴きに来ればよいと思います。日本語で歌うべきだと思う方は、日本語で歌うシャンソンを聴きに行けばよいと思います。

No title * by -
通りすがりの者ですが、
フランス語であれ日本語であれ、自分の歌を堂々と歌えば良い。お客は金を払って、あなたの歌を聞く。満足すれば、また次も足を運ぶ。ご自身がアマチュアと言う意識で、プロのステージで歌うこと自体が疑問。アマチュアならアマチュアのステージで歌えばと思うが・・・

フランス語が好きです♪ * by marie
フランス語で歌っているシャンソンが好きです!
フランス語の音の雰囲気は独特ですし、それがメロディと一体となっていてステキな雰囲気を醸し出すのではないかと思います。ぜひフランス語で歌ってください♪
日本語のシャンソンは日本語で歌いたい人たちにおまかせしましょう!

通りすがりに失礼しました。

Comment-close▲

2012-03-22 (Thu)

第2回目ライブ報告です

第2回目ライブ報告です

3月18日、午後3時。京都のライブハウス巴里野郎で、ライブが始まりました。お天気は、なんとか雨が上がってくれたのが幸いという曇り空・・・お客様が来てくださるかしらと心配しましたが、やはり宣伝不足で、ございました。それでも約20人の方々が足を運んで下さいました。感謝感激です。私には、まだまだお客様に「来てくださいね」という声をかける勇気が欠如しております。「もう根性出して、プロとして居直りなさい」と言...

… 続きを読む

2012-03-15 (Thu)

尾形まり子「震災復興チャリティライブ」

尾形まり子「震災復興チャリティライブ」

3月11日,尾形まり子さんのライブに行って来ました。どうも、私はこのひと月ぐらい暗い暗い闇夜の状態に陥っていたようです。息が苦しい、体中が痛い、何よりも、自分はダメだダメだと落ち込んでしまう。大げさだなあ~と思いながら、死んでしまいたいという気持ちも湧いてくる。はあ~,人間って、そういう時もあるのです。でも、ようやく何とか、気持ちが納まってきました。そのきっかけは、3月11日に行われた「震災復興チャ...

… 続きを読む

2011-10-27 (Thu)

今年の予定は終了しました。

今年の予定は終了しました。

この秋、4カ所での歌の発表会やコンサートにチャレンジしてみました。 9月19日(月・祝) 坂下文野サロンコンサート ホテル姫路プラザ   歌ったのは、「HIER ENCORE (帰り来ぬ青春)」         「INCH ALLAH (インシャラー)」                           9月30日(金) 奥田佳子教室・シャンソンを楽しむ会 びわこホール小ホール 歌は 「CHEZ LAURETTE (ロレットの店)」 ...

… 続きを読む

有り難うございます * by Kaguya
jeanvaljeanさん、有り難うございます。
ドタバタが落ち着き、ようやく日常生活が復活した感じです。
昨日は、授業の日でした。やっぱり私だけは聞き取りが、さっぱり出来ません。
聞き取りというのは、若い時期にしないと無理なのかなと落ち込みつつも、フォンテーヌの寓話「カラスと狐の話」を読んで貰い、先生の説明(王や貴族を直接誹謗することが出来ないので寓話にして皮肉ったと言うような)を聞いて、楽しい時間を過ごしてきました。
モンマルトルあたりは、もうすっかり秋色でしょうね。
足腰を鍛えて、いつかまたパリへ再チャレンジしたいです。
その時は、絶対ラパン・アジルに行ってみます。
ああ、いつの日になることやら・・・・

お疲れ様でした * by jeanvaljean
フランス語で、人前で歌うということは、すごいことだと思います。それも2曲も歌うなんて。私は歌詞を覚えようとしてもすぐ忘れるからだめです。数日前、東京から来た友人とラパン・アジルにいって、また歌唱指導をしてもらいました。マスターが私の顔を覚えていて、ご指名です。

ラパン・アジルに行く前に、モンマルトルのレストランに入りました。ピアノ付きでした。10ユーロを払って、ピアフの Non, je ne regette rien をリクエストしました。そうすると、あちこちから自然と歌声が聞こえてくるではありませんか。しばし雰囲気に浸りました。

Comment-close▲

2010-11-04 (Thu)

パリでシャンソン・5

パリでシャンソン・5

La manière de chanter(歌い方)関心のない方はパスしてくださいね。La voix de poitrine(胸声) と La voix de tête(頭からの声)をensemble(一緒に)使えるようにしなくちゃ・・・と前のレッスンの時にアドバイスしてもらいました。 La voix de têteって Le fausset(裏声)と同じ意味なのかしら?地声と裏声だと思うのです。そうなのです。私の自然に出せる地声の音域の限界が現在「ソ」今やっている ...

… 続きを読む

2010-06-08 (Tue)

シャンソンの店 ブン BOUM

シャンソンの店 ブン BOUM

6月3日金曜日の夜、東京赤坂見附にある、シャンソンのお店に行ってきました。友達が、そこで歌わせて貰うので・・・との話を聞いたのが切っ掛けです。東京のシャンソンの店を覗く・・・私の人生の中でそんな経験は、まず一人では味わうこともないだろう。思い切って「聞きに行くわ!」と叫んだのです。看板を右から見ると・・・左から見ると何の予備知識もなく入ったその店は、私には物珍しさで一杯でした。まず、その狭さにビッ...

… 続きを読む

* by かめ
芳賀さんの人生は美しいは本当に最高ですね。人生が楽しく麗しくなってきます。年を経て聴くとこの歌の良さがわかります。芳賀さんの歌でこそですけどね。

NoTitle * by kaguya
ありがとうございます。
いつか東京に行かれることがありましたら、ぜひ立ち寄って見て下さい。
梅雨になりましたね。
ファイトで梅雨を吹き飛ばして下さい。・・・v-42

ブン * by ホトトギス
目を閉じて、ブンの写真を思い浮かべながら『ふるさとの山』を聴きました。
私もブンにいる気分をちょっと味合わせていただきました。ありがとうございます。   ホトトギス

   
   

Comment-close▲

2010-03-18 (Thu)

ジャン・フェラの死を知る

ジャン・フェラの死を知る

J'ai trouvé un article . 《 LE CHANTEUR JEAN FERRAT EST MORT 》(私は一つの記事を見つけた「歌手ジャン・フェラ死す」)17日、ネットの片隅でジャン・フェラが13日に死亡との記事を目にし驚きました。もっと情報を知りたくて、慌てて情報を探しました。見つけた日本のサイト。http://blog.goo.ne.jp/sourire-amour/e/59256ecc15c4de96a5e96b3943dcae72それでも、日本のサイトでは情報不足。もっと知りたくなってフラ...

… 続きを読む

Re: 仏仏辞典 * by kaguya
ありがとうございます。
いつか仏仏辞典を、jeanvaljeanさんのように自由に使いこなせる日を夢見て頑張ります。
それは何時の事やら、遠い将来ですね。
でも、思いもしなかったフランス語の勉強をやりだし、新しい世界が広がったことは、とてもうれしいことだと思っています。

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 追記 * by kaguya
jeanvaljean さんご指導ありがとうございます。
私が l'auteur-interprèteの訳が分らないと掲載していたら、シンガー・ソングライターのことだとこっそり教えてくださったのです。
さっそく訂正しておきました。
auteur(作家・作詞家) と autre(別の・他の)とを間違えて、訳が分らなくなっていました。
l'auteur(作詞家)-interprète(演奏家)でシンガー・ソングライター・・・
すごくよく分りました。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲